北海道情報誌 HO [ほ] オフィシャルサイト
HO [ほ] 懐かしい、新しい。ヒトにマチに、ほっと温もる
HO [ほ] は、北海道の旬な情報、おすすめスポットなどを、独自の視点で紹介する北海道の総合情報誌です。
北海道への観光はもちろん、道民も目からウロコの情報をお届けします。
トップページ バックナンバー TOHOHO日記 ご意見・情報募集 媒体資料
TOHOHO日記
ぶららvol.88 P10「平岡樹芸センター」誤記に関するお詫び
2011.10.27
10月1日発行の「ぶらら88号」で、「平岡樹芸センター」「平岡公園」に関する記述に誤りと混同がありました。

正しくは以下の通りです。ご迷惑をおかけいたしました関係者の皆さま、読者の皆さまに深くお詫び申し上げます。

【平岡樹芸センター】※11月7日より冬季閉園
札幌市清田区平岡4条3丁目
電話:011-883-2891
http://www.sapporo-park.or.jp/jyugei/

【平岡公園】
札幌市清田区平岡公園
電話:011-881-7924(公園管理事務所)
http://www.sapporo-park.or.jp/hiraoka/


平岡樹芸センターとは北海道に合う樹木を育てていた個人の養樹園を札幌市に寄付して開園した公園。園内には日本庭園と洋風庭園があり、イチイの木が多く植えられているほか、春には桜、秋に真っ赤なモミジのトンネルが出現する紅葉の名所となっています。

今回この誤記のご指摘は、かつてこの養樹園を設立し市に寄付された故・竹澤三次郎さんのご子息ご夫妻からいただきました。竹澤さんは現在、平岡樹芸センター内で売店を営むとともに、センターのお隣で花店を営んでいらっしゃいます。この誤記のせいで道に迷われた本州からの観光客さんをセンターに案内してくださったとのことで、ご迷惑をおかけしてしまったにも関わらず、センターのことを親切にいろいろと教えていただきました。

竹澤さんによれば、昭和の中ごろ、本州から北海道へとトラックで木を売りに来る業者がたくさんいたけれど、それを植えて枯らしてしまう人が多かったとのこと。養樹園を経営していた父・三次郎さんがその様子を見て心を痛め「北海道の気候風土に合うのはこういう木」と、市民の皆さんに伝えようと、昭和54年に養樹園の土地と樹木を札幌市に寄付なさったのがこの平岡樹芸センターの始まりなのだそうです。センター内には、イチイやモミジ、ハイビャクシンが茂り京都・無鄰菴(山県有朋別邸)をモデルにした日本庭園、ヨーロッパ風の藤棚なども備えた洋風庭園があり、車椅子の方でも散策を楽しめる通路も整備されています。これらは三次郎さんが育てた約8800本の樹木をベースにしたもので、現在では約1万本もの樹木が訪れた人の心を癒やす憩いの場所となっています。

なお、三次郎さんにちなんで「環境サポーターズ『三次郎の会』」が結成され、現在は除草などの作業やコンサートなどの企画実施、庭園ガイドなどのボランティア活動を行っているということです。(三次郎の会について/http://www.sapporo-park.or.jp/flowers/?p=1914

「センターでは今、紅葉が盛りを迎えモミジのトンネルも見事な赤に染まっていますよ」と、竹澤さんは教えてくれました。ご迷惑をおかけしてしまった多くの方々、申し訳ありませんでした。どうかこちらの情報をご参考に、雪が降る前の束の間、美しい紅葉に会いにお出かけくださいますように…。


竹澤さんよりお送りいただいた平岡樹芸センターの秋の紅葉風景


昨年、花壇で花を植えたボランティア活動の様子。こちらのお写真も竹澤さんよりご提供いただきました

(編集部)
ページTOPへ
釧路ザンギ王に夕日ハイボール、ザンギリ侍も待ってるぜ!
2011.10.20
46歳、弾丸新入社員のわっかです!
きょう10月20日は真っ赤な表紙が目印の「別冊HO 愛しのB級グルメ」発売日!
どうかひとつ、ヨロシク哀愁! でございます。

さて、当方このたび釧路と帯広を担当いたしました。
こちらの写真は「トリコになりますトリ料理」でご紹介した「さかまるおろしザンタレ」。
ジャパニーズバーさかまる末広店(釧路市末広町4-8-1)で撮影しました。


「釧路ザンギ王決定戦2011」でグランプリに輝いた品で、
さかまるの大野良太オーナーと高橋料理長が開発したもの。
道産若鶏のもも肉をカラリと揚げたザンギに、
甘辛たれとちょっぴり辛い大根おろしがかかって旨いのなんの。

串焼きも人気メニュー。備長炭で焼きます。おいしそうでしょ。


そしてもうひとつ。「B級グルメの進化形です」と作ってくれたのが
「若鶏の炭火焼きフォアグラ載せ」です。
ザンギと同じ肉、ソースは串焼きのたれをアレンジしたとのこと。
コース料理の一品として登場予定です。


夕日がきれいな釧路をピーアールしようと、サントリーとのコラボ「夕日ハイボール」も考案した大野オーナー。市内の飲食店200店以上で飲めますよ!


こちらはザンギリ侍(笑)。ザンギで釧路を盛り上げたいと「ザンギ隊員」の準備もされていました。
隊員になって飲食店でザンギを食べると特典が受けられるそうです。
スタートは11月以降。乞うご期待!
「くしろザンギ推進協議会」のホームページはこちら
http://946zangi.com/council
(わっか)

ページTOPへ
天使にラブソングを…2のモデルが日本に!日本の復興を祈る、美しく力強いゴスペルを堪能しよう
2011.10.13
「ほ」カプチーノの表紙がかわいいカフェ特集のHO、
みなさんご覧いただいていますでしょうか?
(ちなみに、札幌の丸美珈琲店さんのご協力で、今回の表紙ができました。
この場をかりて感謝申し上げます)

さてさて、
今号のプレゼントコーナーで「チャリティーゴスペルコンサート」のお知らせを
小さく掲載していますが、実はこれ、結構すごいイベントなんです。
日本にゴスペルブームを巻き起こした『天使にラブソングを…』という
大ヒット映画を、ご覧になったみなさんも多いと思います。
ウーピー・ゴールドバーグ演じるシスターが、ドタバタの騒動を起こしながらも
周囲の人たちを歌で幸せにしていくという、ハッピーで楽しいコメディーです。
1992年の1作目が人気を博し、翌年続編が作られました。
『…2』ではスラム街の荒んだ学校を舞台に、シスターがゴスペルを通じて
生徒たちに、生きる喜びと希望を与えていくという感動のストーリーでした。
生徒役でローリン・ヒルが出演して、美しい歌声を披露していましたよね。
こちらも、第1作に続き日本でも記録的なヒットとなりました。
実は、この物語のモデルとなったのが
今回チャリティーコンサートで来道するアイリス・スティーブンソン先生と
その教え子達のクレンショウ・エリート・クワイヤなのです!
アイリス先生が来るまで、クレンショウの学校は入学者のおよそ半数が卒業できない
というほど荒んでいたそうです。中には、在学中に事件に巻き込まれ命を落としてしまう
生徒も少なくなかったのだとか。
そんな環境にあった生徒たちが、アイリス先生のゴスペルの指導によって
少しずつ未来に希望を持った青年へと変わっていき、今では 入学した生徒の9割近くが
立派に学校を巣立っていくそうです。さらには、街の犯罪率も激減。
功績の大きさが評価され、アイリス先生はロサンゼルス市警察から表彰も受けました。

今回のコンサートは、
アイリス先生とクレンショウ・クワイアの美しく魂のこもったゴスペルを
日本で聴くことができる、滅多にない機会なのです。

3月11日に起こった東日本大震災のニュースに心を痛めたアイリス先生が
「少しでも大好きな日本の役に立ちたい」
と、今回のコンサートを企画。
アイリス先生とクレンショウ・クワイア、また運営を担当する日本のスタッフも
手弁当でこのコンサートを成功させようと頑張っています。
お馴染みの「OH HAPPY DAY」などゴスペルソングを聴けるのはもちろん、
音楽に合わせて足踏みや手拍子で踊る、迫力のステッピングダンスも見もの。
国内でコンサートが行われるのは、今回なんと札幌と釧路の2カ所だけ!
東北から北海道へ避難している人たちも、このコンサートに招待されているそうです。
一緒に素晴らしい歌声を堪能して、日本の復興への気持ちを新たにできたらと思います。

彼らは設立の背景がドラマチックなだけでなく、実力も世界レベル。
世界20カ国以上で、500回以上もの公演を行ったほか、
スティービー・ワンダー、マライヤ・キャリーなど実力派シンガーたちとも共演し、
その力強く伸びやかな歌声は世界に多くのファンがいるほど。
この貴重な機会にみなさんも本場のゴスペルに触れましょう!


≪アイリス・スティーブンソン&クレンショウ・エリート・クワイヤ・ゴスペルコンサート≫

●釧路公演
10月26日(水)
まなぼっと幣舞 大ホール(釧路市幣舞4-28)
開場 18:30  開演 19:00
チケット取り扱い 釧路市市民会館、コーチャンフォー釧路店、まなぼっと幣舞、
         ローソンチケット(Lコード 17298)

●札幌公演
10月28日(金)
札幌市民ホール 大ホール(札幌市中央区北1条西1丁目)
開場 18:00  開演 19:00
チケット取り扱い 大丸プレイガイド、道新プレイガイド、教文プレイガイド、
 ローソンチケット(Lコード 17298)

★チケット料金(両公演とも全席自由)
 前売り 3800円  当日4300円
いずれもお問い合わせは
――― 011-788-9967(グレイン・ミュージック)

(みさと)
ページTOPへ
「おっ! おいしい おとふけ おたのしみ フェア」
2011.10.5
天高く、馬肥える秋。
そうです。秋は何を食べてもおいしい季節なのです。
最近、気になるフェアが開催されているというのを
耳にしたので、この場をお借りしてご紹介しようと思います。
その名も
「おっ! おいしい おとふけ おたのしみ フェア」。
期間は10月7日(金曜日)〜10月22日(土曜日)
内容はといいますと、
十勝平野に位置する音更町で収穫された食材を使用した
オリジナルメニューが札幌市内の4店舗の飲食店で食べられる
というフェアなのです。

●Wine Dining 左岸
札幌市中央区南2条西1丁目6-11 第3広和ビルイースト2階
TEL :011-207-1033

●健康料理専門 Na・chuLa(な・ちゅら)
札幌市中央区南3条西2丁目 KTビル三条ビル地下1階
TEL : 011-281-1678

●居酒屋・焼き鳥 ふじとり灯
札幌市中央区南3条西4丁目 浅野ビル1階
TEL :011-222-7800

●創作和食 酒肴わらび
札幌市中央区南4条西5丁目 第4藤井ビル3階
TEL :011-281-8889

以上のお店で食べられますが、
行く前には必ず予約を入れてください。
場合によっては、満席で入店できないこともあります。

期間中に協力飲食店でオリジナルメニューを食べた人の中から、
抽選で10人に、音更町特産品詰め合わせセットのプレゼントが
あるそうです。
それぞれのお店の特徴が活かされた、オリジナルメニューは
一食の価値ありです。
ぜひ、音更のおいしい味を求めてフェアに参加してみてください。



HO9月25日発売号
P135 ワインダイニング左岸様の住所表記に誤りがありました。
正しくは 
札幌市中央区南2条西1丁目6-11 第3広和ビルイースト2階
となります。

読者の皆様、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

(編集部)
ページTOPへ
ぶららvol.88 P13の「笑福の湯」さんについてのお詫び
2011.10.3
10月1日発行の「ぶらら」で、記載している情報に間違いがありました。
P13「笑福の湯」さんの紹介文で「岩盤浴バス」との記載がありますが、
岩盤浴バスは設置しておりません。

読者の皆様、及び関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

(編集部)
ページTOPへ
 
最近の記事
2024.1.25
2024.1.9
2023.7.22
2023.4.11
2022.12.6
月別アーカイブ
カテゴリ
 
【定期購読、バックナンバーご購入をご希望の方へ】
Copyright burant magazine sha Co,. Ltd.