北海道情報誌 HO [ほ] オフィシャルサイト
HO [ほ] 懐かしい、新しい。ヒトにマチに、ほっと温もる
HO [ほ] は、北海道の旬な情報、おすすめスポットなどを、独自の視点で紹介する北海道の総合情報誌です。
北海道への観光はもちろん、道民も目からウロコの情報をお届けします。
トップページ バックナンバー TOHOHO日記 ご意見・情報募集 媒体資料
TOHOHO日記
ぶらり食べ物散歩
2009.4.27
札幌から大通までの駅前通りをぶらりと散歩していたとき
何気なく見たガラス越しにおいしそうなモノ発見!
(こういう事は目ざとい私)

それはグランドホテルのパン屋さん
「ノード43°ザ・ベーカリー&ペイストリー」のパンでした。

今号のHOの取材にも協力して頂いており
ぶらりと立ち寄ってみることにしました。

きれいに並べられているパンには
一つ一つ丁寧にパンの説明が。

北海道産の小麦や食材、無農薬野菜を使っているそうです。

北海道のものを使っているなら
ぜひ食べてみなければと思い
豆腐ロール
桜金時ロール
アップルロール
無農薬レンコンのフォカッチャ
を買ってみました。
(何かといい訳をつけて食べ物を購入しているような・・・)

桜金時ロールのうっすらピンクがかっているパン生地の中には
甘納豆がごろごろと。

無農薬レンコンフォカッチャを食べたときは
レンコンのさくさくとした歯ごたえが最高でした。

(上)アップルロール
(下)無農薬レンコンのフォカッチャ

レンコンのフォカッチャ。右上ごろっとしたものがレンコンです。パンの中にはこんな感じでレンコンがごろごろと入っていました

どれもこれもおいしいくて、
パン職人さんのこだわりが
感じられるパンでした。

次行く時は
大ヒット商品だという「美肌ロール」を
購入してみようかなと思うくいしん坊でした。

※「美肌ロール」は昆布とコラーゲンを練り込んでいるようですよ〜お肌の曲がり角を2回くらい曲がっている私にはもってこいかも!!

(さっち)
ページTOPへ
食いしん坊33歳-2
2009.3.27
私が札幌から千歳に行くときはよく国道337号線を通ります。
この国道337号線を私は「うまいもん道路」と呼んでいます。
農家の直売所や牧場のソフトクリーム販売の立て看板、
『初!そば打ち!』の取材のときにお邪魔したファームいずみさんも
この道路沿いにあります。
また千歳駅近くには「道の駅サーモンパーク千歳」があったりと
北海道の食を十分に楽しめるところです。

今回私は「うまいもん道路」沿いのエルブの森内にある
「Cafe Harmony」さんのアップルパイを目指して行きました。
(「Cafe Harmony」さんはHO vol.18のP30に載っています)

しかし!
アップルパイの焼き上がりが15時とHOに書いてあったにもかかわらず
私が行った時間が13時!
しかも5〜10月の限定ものみたいです。

まったく確認もせず、行き当たりばったり人生です。
おなかはすでにぐーぐーと悲しげに鳴いていたので
「Cafe Harmony」さんで販売してるパンを購入。

行った時間がちょっと遅かったせいか、パンが残り少なくなっていました。この店のオーナーでかつソムリエの資格をもっている佐藤さんとお話している間もお客さんがひっきりなし。人気のお店です。

購入したのは一番人気の「アップルリヨンドール」
と見た目がかぼちゃそっくりの「かぼちゃパン」


「アップルリヨンドール」を割ってみると、
中にはまるまるリンゴが1個ごろり。
リンゴの中にはたっぶりクリームが!

食べてみると
ふわ(パン)
ざく(リンゴ)
ぷにゅ(クリーム)
3つの食感が楽しいです。
うーん、スィーツといってもいいほど!

「かぼちゃパン」は
割ってみてもかぼちゃそっくり。
中にはかぼちゃあんが入っています。
このこだわり方が素敵ですね

両方ともおいしく、おなかも大満足!

この「Cafe Harmony」さんと同じ敷地内にある「レストランアンサンブル」さんが4/25に弊社から発行するHO別冊「はぐれカフェ」シリーズに載ります!

この「はぐれカフェ」シリーズはHOのVol.13(Part1)、Vol.14(Part2)、Vol.18(Part3)をまるごと一冊にまとめました。
Part1、Part2は完売している大好評のシリーズです。

はぐれカフェに行った後は第2特集の日帰り温泉ガイドで体も癒されます!

また発売近くなりましたら、ご紹介いたします。

お楽しみに!


「Cafe Harmony」
千歳市泉郷553-9番地(国道337号沿い)

(さっち)
ページTOPへ
食いしん坊 33歳
2009.2.10
地下鉄南北線「麻生」駅のすぐ近くに
白と赤のひときわ目立つ看板のたこ焼き屋「米たこ本店」さんがあります。

HO最新号(vol.22)の取材に協力して頂き、
そのとき掲載したたこ焼きがぷっくらまるまるとしていて
食いしん坊の私の食欲をそそりました。

これは早く食べてみなきゃだめだと思い、
私の好きなチーズが入っている「たこチーズ」550円を購入してみました。

英字新聞につつまれたたこ焼きはほこほこあたたかい。
まるで焼き芋みたい。
少しでも暖かさを逃さない為の工夫かな、
そんな心遣いも嬉しいですね。
包みを取ってみるとまるまると黄色に輝くたこ焼きが8個!!
そしてたこ焼きをつつむようにチーズがとろーり!
「これはチーズ好きにはたまらん!」

たこ焼きをほくほくしながら、大きな口でぱくり。
チーズの風味と、中のもちもちとしたたこ焼きの生地が口の中で広がりました。
うぁ!新鮮!
米粉を使った生地なので餅米に近い味がしたのです。
そしてたこ焼きにかかっているソースはチーズの味を邪魔しないくらいの濃さでちょうど良く、すぐに気に入ってしまいました。


8個も一人で食べられるかなぁなんて思っていたら、
あらら・・・あっという間に完食。
決して私が大食漢なわけでもたこ焼きが小さいわけでもないのです。
どちらかというと生地と具がぎっしりつまっており、
ずっしりとしたイメージなんですが、
ソースがしつこくなくて何個でも食べられるのです。

たこ焼きは大満足でしたが、心残りが一つ・・・。

夢中で食べてしまってせいで、たこ焼きの上にかける削り節を
かけるのを忘れてしまったのです。
「米たこ」さんごめんなさい!
今度はゆっくりちゃんと削り節もかけていただきます。

「米たこ本店」
札幌市北区麻生町2丁目3-10 司ビル


さっち
ページTOPへ
初!そば打ち!
2008.10.8
今号そば特集の中の「素人そば打ち体験」(P56)
みなさんはご覧になっていただきましたでしょうか。
はっきりいって料理があまり上手ではない、どちらかというと食べられれば何でも良い!という雑食系の私が初めてそば打ちを体験しております。

そば打ち指導をしていただいた岩田さんは丁寧にやさしく教えてくれるので、初めてそば打ちした私でも安心して打つことができました。
最初は楽しく雑談をしながら打っていましたが、最後の生地を切る工程のときにはほとんど何もしゃべらないくらい夢中になっていました。

あまりにも自分でこねた生地がいとおしくなって、練り込み作業が終わった後でカメラマンに撮ってとお願いした一枚。

私にはこんなふうに見えました・・・かわいい



そんなそばがおいしくないわけがありません。
こんなに自分のつくった料理がおいしくて、感動したのは初めてです。
そば家さんに行ってプロが打つそばの味を味わうもいいけど、
自分でそばを打ってそれを食すのも一興じゃあーりませんか。


※ファームいずみという農家直売所の中におそば屋さんがあり、その中でそば打ち体験ができます。また、人数が多い場合はそば打ちの指導をしてくださる岩本さんの農場内で行います。ファームいずみには新鮮な野菜がたくさん!スーパーで買うよりも断然お得です。


ふれあいファーム内で販売しているそば団子です。そばの風味があり弾力があっておいしかったです。

岩田さん!とても親切に教えていただきありがとうございました。
そして、ごちそうさまでした。

(さっち)

ページTOPへ
 
最近の記事
2017.11.27
2017.11.23
2017.10.20
2017.9.26
2017.8.29
月別アーカイブ
カテゴリ
 
【定期購読、バックナンバーご購入をご希望の方へ】
Copyright burant magazine sha Co,. Ltd.